キャッシング 申込即曰

※当サイトはプロモーションが含まれています










担保とは何ですか?

担保とは、借入金を返済できなかった場合に、返済を保証するために差し出す物件のことを指します。
消費者金融でも、一般的には借入金額が大きい場合や、返済能力に不安がある場合には、担保を差し出すことが求められることがあります。

消費者金融での担保について

消費者金融では、一般的には担保を差し出す必要はありません。
しかし、借入金額が一定額以上になったり、返済能力が不安視される場合には、担保の差し出しを求められることがあります。

消費者金融によっては、保証会社を利用することで担保を差し出すことを免除している場合があります。
保証会社は、借入金返済が滞った場合に代わりに返済することで、借入者の担保となります。

担保の差し出しについての注意点

  • 借入金額に応じて、担保として求められる物件の種類や価値が異なります。
    消費者金融によっては、不動産や高価な車両などの担保を求めることがあります。
  • 担保として差し出した物件は、返済が完了するまで差し押さえられる可能性があります。
    また、返済ができなかった場合には、差し押さえた物件が売却されて返済にあてられることがあります。
  • 担保を差し出す際には、必ず自己所有のものであることを確認しましょう。
    他人からの借り受けや担保名義変更など、法的に問題がある場合には担保の差し出しを受け付けてもらえないことがあります。

どのような種類の担保が取り扱われるの?

消費者金融における取り扱い担保について

一般的な担保のない融資

消費者金融では、一般的に担保を必要としない融資が行われます。
つまり、担保を提供しなくとも借入が可能です。

担保を必要とする融資の例

ただし、一部の消費者金融では、以下のような担保を必要とする融資も取り扱われています。

  • 自動車担保融資:車を担保にして融資を受ける。
  • 不動産担保融資:不動産を担保にして融資を受ける。

ただし、これらの融資は一般的ではなく、消費者金融の中でも一部の企業でのみ取り扱われています。

担保を利用する場合、どのような利点があるの?

担保を利用する場合、どのような利点があるの?

1. 融資額が大きくなりやすい

担保を提供することで、貸し手側はより安心して融資を行うことができます。
そのため、担保を用意することで、より多くの資金を借りやすくなる傾向があります。

2. 金利が低くなる

担保があることで、貸し手側にとってリスクが減少するため、金利が低くなる傾向があります。
担保を用意すると、返済期間が長くなる場合もありますが、金利が低いため、最終的に支払う利息の額を抑えることができます。

3. 審査が通りやすくなる

審査の際、担保があると貸し手側にとってリスクが減少するため、審査が通りやすくなる傾向があります。
ただし、担保があるからといって必ずしも審査が通るわけではありません。
貸し手側は、借り手の返済能力や信用度などを総合的に判断して、融資の可否を決定します。

4. 返済条件が柔軟になる

担保がある場合、返済条件が柔軟になる傾向があります。
返済期間が長くなる場合もありますが、返済期間中に追加融資を受けられる場合や、返済額を減らすオプションがある場合もあります。

5. 借入れが利用できる場所が増える

一部の銀行や信用金庫などは、担保ローンを提供しています。
担保を用意することで、融資を受けられる金融機関の範囲が広がる可能性があります。

担保を利用する場合の利点については、以上です。
担保を用意することで、より多くの金額を借りやすくなる可能性がある反面、自己所有の資産を担保にすることになるため、リスクを十分に考慮して慎重に判断する必要があります。

担保を差し出す際に注意すべきことはあるの?

消費者金融で担保を差し出す際の注意点

1. 担保の種類を確認する

消費者金融で担保を差し出す場合、不動産や自動車などの財産を担保にする場合があります。
しかし、担保の種類によっては、返済期間中は使用できない場合があるため、詳細を確認することが重要です。

2. 担保の所有権を確認する

担保にする財産が他人の所有物であった場合、取り戻し請求で裁判になる可能性があります。
そのため、必ず所有権を確認し、担保にできるかどうかを確認することが大切です。

3. 担保評価額を調べる

担保評価額が低い場合、借入額も限られる可能性があります。
また、担保評価額を過大に設定している場合、返済ができなくなった場合に売却して返済する際にトラブルが起こる可能性があります。
そのため、担保評価額を事前に調べておくことが重要です。

4. 担保にする財産の状態を確認する

担保にする財産が自動車だった場合、車検証や自賠責保険の有効期限、車の状態などを確認しておくことが重要です。
また、借入後に車が故障した場合、修理代を返済するための返済負担が増加することになるため、財産の状態を正確に把握することが必要です。

  • 以上のことを踏まえ、消費者金融で担保を差し出す際には、以下のことにも注意することが大切です。
  • 借り過ぎにならないように限度額を調べること
  • 担保を差し出した場合でも、遅延や債務不履行による差し押さえや競売になる可能性があることを理解すること
  • 契約前に利用規約をしっかりと確認すること

これらの注意点を押さえて、消費者金融で担保を差し出す際には、失敗を防ぎ、スムーズな返済を行うことが可能です。

担保を取り返す場合、どのような手続きが必要になるの?

消費者金融における担保を取り返す手続きについて

担保を取り返す手続きとは?

消費者金融が行なっている貸付は、一般的には担保を必要としません。
しかし、返済期限を過ぎた場合や返済能力が不安視される場合には、担保を要求されることがあります。
この場合、担保物件が契約者の所有物である場合には、消費者金融は担保としてその所有物を押収することができます。
このプロセスを担保を取り返す手続きと言います。

担保を取り返す手続きの具体的な流れ

担保を取り返す手続きは、以下のような流れになります。

  1. 消費者金融から支払い督促や再三の催促があります。
  2. 契約者が返済能力を持っておらず、担保を没収対象とする旨の通知があります。
  3. 所有物を消費者金融に引き渡すか、または引き渡し場所を決定します。
  4. 所有物が消費者金融に引き渡されると、貸付金額に組み込まれていた担保の価格が査定されます。
  5. 価格の査定に従い、残りの貸付金額から担保の価格を差し引いた残金を契約者に請求されます。

      例えば、貸付金額が100万円で担保価格が50万円だった場合、残りの50万円を契約者に請求します。

注意点

担保を取り上げる行為は契約者にとっては大きな打撃となります。
そのため、消費者金融は契約者の返済能力に関する情報について、慎重に判断することが求められます。
特に、返済能力に安定性がない契約者に貸し付けを行なうことで担保を取り返しやすくすることは、消費者金融の責務に反すると考えられます。

まとめ

担保は借入金を返せなかった場合に返済を保証する物件で、消費者金融でも必要な場合がある。一般的には担保がなくても借入ができるが、借入額が大きくなったり返済能力に不安がある場合は担保の差し出しを求められることがある。車や不動産を担保とする融資も取り扱われているが、担保を差し出す際には注意が必要。

タイトルとURLをコピーしました