お金を借りる本日中tz

※当サイトはプロモーションが含まれています










消費者金融の審査基準・条件について

審査基準の設定について

消費者金融の審査基準は、各社独自のものがありますが、一般的には以下のような要素が考慮されます。

  • 年齢
  • 収入
  • 勤務形態・年数
  • 借入件数
  • 信用情報
  • 現在の借入残高

年齢

消費者金融の審査基準では、一般的に20歳以上~70歳以下が対象となります。
ただし、一部の消費者金融では、20歳以上~65歳以下となっている場合もあります。

収入

消費者金融の審査においては、収入が重要なファクターとなります。
大抵の場合、月額20万円以上程度の収入が求められます。
また、安定した収入があることが必須となります。

勤務形態・年数

消費者金融の審査基準では、「正社員」というラベルを用いているのが一般的です。
一方、アルバイトやパートの方にとっては、扱いが異なる場合もあります。
また、勤務年数が長くあることも加点対象になります。

借入件数

消費者金融は、借入件数も重要なファクターとなります。
消費者金融業者によって違いはありますが、1社あたりの借入限度額に達している場合は、審査が通りにくくなります。

信用情報

消費者金融の審査においては、信用情報が重視されます。
ここでは、機関から受けている信用情報、不良債務がある場合、債務整理を行ったバックグラウンドなどが審査のポイントになります。

現在の借入残高

消費者金融の審査においては、現在の借入残高も重視されます。
一般的に、他の金融機関等からの借入残高に限度枠を超過している場合は、審査が通りにくくなります。

審査基準の根拠

消費者金融の審査基準の根拠となる法律は「貸金業法」です。
そして、貸金業法には、借り手に返済能力があるかどうかを確認することが求められています。
具体的には、以下が根拠になります。

  • 貸金業法第12条
  • 貸金業法第13条
  • 貸金業法第17条

どのような条件が必要なのか?

消費者金融の審査基準・条件について

一般的な審査基準・条件

  • 18歳以上の日本国籍または永住権保持者
  • 安定した収入があること
  • 返済能力があること
  • 信用情報に問題がないこと

詳細な審査条件

  • 年齢:大学生やパート、アルバイトでも18歳以上なら借入可能な場合が多いが、一部の消費者金融では20歳以上が必要な場合もある。
  • 雇用形態:正社員、アルバイト、パート、自営業者、個人事業主、年金受給者など様々な雇用形態があるが、安定した収入を得ていることが重要。
  • 収入:消費者金融は年収200万円以上が基準となる場合が多いが、他の収入源がある場合はそれも考慮される。
  • 借入履歴:過去に返済遅延や債務整理を行ったことがある場合、審査に影響する。
  • 信用情報:信用情報機関から情報を取得し、返済能力や借入履歴、過去の延滞などが確認される。
  • 連帯保証人:収入が安定していない場合や、信用情報に問題がある場合、連帯保証人を立てることで融資を受けることができる場合がある。

以上が一般的な消費者金融の審査基準・条件である。
ただし、各金融機関で異なるため、詳しい条件については各社のウェブサイトや窓口で確認することが重要である。
また、審査基準・条件は常に変動しており、最新の情報を常に把握することが大切である。

条件が満たされていない場合、どのような措置が取られるのか?

消費者金融の審査基準・条件が満たされなかった場合の措置

消費者金融の審査基準・条件に合わない場合、以下のような措置が取られることがあります。

  1. 審査不合格となる
    消費者金融が設定した審査基準・条件に合わない場合、審査不合格となり融資を受けられないことがあります。
    その場合、原則的に再審査はできません。
  2. 利率が高くなる
    審査基準・条件に合わなかった場合、利率が高くなることがあります。
    消費者金融は、審査で判断し、融資を行う際の金利を設定しています。
    条件が満たされなかった場合、高金利で融資を受けることになることがあります。
  3. 融資限度額が低くなる
    審査基準・条件に合わなかった場合、融資限度額が低くなることがあります。
    消費者金融は、収入や借入状況、年齢、職業などを審査し、融資限度額を決定します。
    条件が満たされなかった場合、融資限度額が低くなることがあります。
  4. 担保や保証人を求められる
    審査基準・条件に合わなかった場合、消費者金融は担保や保証人の提出を求めることがあります。
    担保や保証人がない場合、融資が受けられないことがあります。

根拠としては、消費者金融は貸金業法に基づき、融資に際して審査を行う必要があります。
また、消費者金融業者は借入者の返済能力を十分に判断し、契約を締結することが求められています。

審査基準・条件は厳しすぎないのか?

消費者金融の審査基準・条件について

厳しすぎない審査基準・条件

消費者金融の審査基準・条件は、過去の借入状況や収入などの信用情報を基に行われます。
一般的には、以下のような条件が求められます。

  • 安定した収入があること
  • 過去の借入状況が良好であること
  • 債務整理中でないこと
  • 年齢が20歳以上であること

これらの条件を満たしている場合、審査に通過することができます。
ただし、個々の消費者金融によって基準や条件は異なるため、注意が必要です。

審査基準・条件に関する課題

一方で、消費者金融の審査基準・条件には、以下のような問題点が指摘されています。

  • 審査基準が明確でないこと
  • 借入先によって審査基準・条件が異なること
  • 過剰な貸し付けが行われること

これらの問題を改善するためには、消費者金融業界全体でのルールの明確化や、貸し付けの上限規制などが必要とされています。

審査基準・条件は統一されているのか、それとも様々な場合に応じて変化するのか?

消費者金融の審査基準・条件について

統一されている審査基準・条件が存在する

  • 各消費者金融業者が、全国銀行協会の指針に基づいた「審査に関する自主規制基準」を設定し、それに則って審査を行う。
  • この基準には、年齢・年収・勤続年数・借入状況などが含まれており、各業者が自主的に設定した中でも、比較的共通した項目が存在する。

審査基準・条件が業者によって異なることもある

  • 全国銀行協会の自主規制基準は参考程度であり、各業者が自由に設定することができるため、審査基準に差異が生じる可能性がある。
  • 企業自体が、どのようなリスクを取るかによっても審査基準は変わるため、同じ業者でも期間や利息、融資限度額によって審査基準が異なることがある。

以上のことから、消費者金融業者によって審査基準・条件が異なるため、自分に合った業者を選択することが重要となる。

まとめ

貸金業法第12条では、貸出しを行う際には借り手の返済能力を確認しなければならない旨が規定されています。貸金業法第13条では、貸出しや返済に関する書面を作成し、貸し借りの内容を明確にする必要がある旨が定められています。また、貸金業法第17条では、貸出しの審査についてその基準を設けることが義務付けられています。

タイトルとURLをコピーしました